午後詩集

こんな心地の良い午後には、詩集ばかり集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

対訳・折々のうた (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
四季折々にうたわれた、美しい調べのすぐれた詩歌の数々。それは私たちの、心のふるさとである。すでに5000回を越える『朝日新聞』の名コラム「折々のうた」の中から不朽の100作品を選び、収載。古事記歌謡、万葉の名歌から、日本の漢詩、そして啄木、牧水、白秋、夢二による愛誦歌まで。もちろん芭蕉や蕪村や子規の代表作や、現代をうたった詩歌も収めた。日本語で、そして英語で、その言葉の宝庫に分け入り、過ぎゆく四季と、心の機微に触れてみませんか。

内容(「MARC」データベースより)
四季折々にうたわれた、すぐれた詩歌の数々。定家、芭蕉から三橋鷹女まで、日本語・英語で楽しんでみませんか。『朝日新聞』連載「折々のうた」から厳選した100余りの作品を収録。英文併記。2000年刊の新版。

百人一首―王朝人たちの名歌百選 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
知っておきたい「心の歌」100を、わかりやすく、読みやすく現代文訳。見開きごとの脚注で知らない言葉も早わかり。歌枕の地にちなんだ写真を豊富に収録。行った気持ちになる、行って見たくなる、旅心を誘うビジュアル満載。

出版社からのコメント
寒さもぐっと増してくるこの時期から正月にかけて、デパートなどで新作などを含め売場面積が増える商品といえば、実はカルタ。その中で「百人一首」は時代を超えて、不動の人気を保ってきました。
「百人一首」は、藤原定家が万葉の時代から平安朝、ひいては鎌倉時代の名手たちが詠んだ百首を選び、編みあげたもの。なんでも息子の岳父に依頼され、山荘の建具に貼るための色紙として「古来の人の歌各一首」を選んだのが『百人一首』の事の始まりとか。
11月10日に刊行された『ビジュアル版 日本の古典に親しむ 2 百人一首』では、『折々の歌』でお馴染みの大岡信さんが掲載している百首のそれぞれを丁寧に解説しています。また、歌の心象風景をワイドな写真で表現しました。四季折々の自然を詠んだ歌、男女の恋、愛を詠んだ歌などの作中世界に浸ることができます。もちろん、第一巻の『源氏物語』と同様、脚注でわからない言葉をつぶさに解説し“読みやすく、わかりやすい”一冊に仕上げました。ぜひ、ご覧になってみてください。

自伝からはじまる70章―大切なことはすべて酒場から学んだ (新書)

内容(「MARC」データベースより)
どんな詩も中断にすぎない。詩は「完成」の放棄だ…。軽妙洒脱な筆致の内奥に、名声に驕らず、俗に流れず、最期まで妥協を許さない切り立つ詩を書きつづけてきた詩人の清冽な精神が透視できる自伝風に書き進められたエッセー。

がっこうのうた―大きな声で読む詩の絵本 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
すべてひらがなで書かれた詩と、とぼけた味わいの絵が楽しい絵本。ひとりでじっくり読んでも、校庭で大きな声で読んでみても、友達とかわりばんこに読んでも楽しめます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ねじめ 正一
1948年、東京都に生まれる。詩人。詩集『不』によりH氏賞受賞。また小説『高円寺純情商店街』で直木賞受賞

いとう ひろし
1957年、東京に生まれる。『おさるのまいにち』『おさるはおさる』で路傍の石幼少年文学賞受賞。『おさるになるひ』でIBBYオナーリスト、『だいじょうぶだいじょうぶ』で講談社出版文化賞絵本賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

贈るうた (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
贈られてうれしい詩…。祝婚歌をはじめとして、人生のふしぶしを優しいこころで美しくとらえた吉野弘の28篇。

内容(「MARC」データベースより)
もともと詩歌には人を贈る性質があるものだという素性を訴える吉野弘が送る、贈られてうれしい詩・祝婚歌をはじめとして、人生のふしぶしを優しい心で美しくとらえた28篇を収録。

詩とことば (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
私たちを囲む詩のことばを辿り、みえてくる新しい世界はどのようなものか? 詩をみつめ、詩から飛んでみる、その愉しみを綴る。詩のかたち・出会い・詩を生きる・これからのことばの4部構成。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
荒川 洋治
現代詩作家。1949年、福井県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。詩集『水駅』(書紀書林、1975年)で第26回H氏賞、『渡世』(筑摩書房、1997年)で第28回高見順賞、『空中の茱萸』(思潮社、1999年)で第51回読売文学賞を受賞『忘れられる過去』(みすず書房、2003年)で第20回講談社エッセイ賞を受賞。「新潮」創刊100周年記念『名短篇』(「新潮別冊」、2005年1月)を編集(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
現代女性詩人のトップランナー、茨木のり子が人間を見つめ続ける詩を網羅!子どもたちから大人まで、すべての人に読んでもらいたい…そんな想いをこめて贈る。

内容(「MARC」データベースより)
現代女性詩人のトップランナー、茨木のり子が人間を見つめ続ける詩を網羅。「わたしが一番きれいだったとき」「落ちこぼれ」ほか全33編。子どもから大人まで、すべての人に贈る現代詩集シリーズ。

死の淵より (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
つめたい煉瓦の上に/蔦がのびる/夜の底に/時間が重くつもり/死者の爪がのびる(「死者の爪」)死と対峙し、死を凝視し、怖れ、反撥し、闘い、絶望の只中で叫ぶ、不屈強靱な作家魂。醜く美しく混沌として、生を結晶させ一瞬に昇華させる。“最後の文士”と謳われた高見順が、食道癌の手術前後病床で記した絶唱63篇。野間文芸賞受賞。



内容(「BOOK」データベースより)
“最後の文士”と謳われた高見順が、食道癌の手術前後病床で記した絶唱63篇。野間文芸賞受賞。

自分の感受性くらい (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
すがすがしく生きたいと思う心そのままを、確かな視線と優しい言葉でとらえた、あざやかな茨木のり子の詩の世界。1969年から1976年にかけての作品20篇を収めた詩集。1977年刊の新装版。

おんなのことば (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
自分を叱る、自分を励ます。茨木のり子初の詞華集。

内容(「MARC」データベースより)
ことば/ことば/おんなのことば/しなやかで/匂いに満ち/あやしく動くいきものなのだ/ああ/しかしわたしたちのふるさとは…。自分を叱る、自分を励ます、茨木のり子初の詩華集。*

千葉の印刷なら千代田印刷東京ぶらぶら高収入バイト情報GOGO!江戸川区!台東クラブ日暮里 鶯谷 上野 ニュース横浜関内リラクゼーションサロンDIO美容外科電子たばこ台東紀行鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」墨田区紀行鶯谷・うぐいすだにハロー!江東区!アキバ中毒のページ幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク

ooo千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo GOGO!江戸川区!ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo ぎょうざ@千葉ooo パンマニアーナ@千葉市ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 千葉鰻ooo 鶯谷・うぐいすだにooo アキバ中毒のページooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo 山手線エリア~銭湯~ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 国家の要!千代田区ooo 「TaEco」(タエコ)ooo IIS設定備忘録ooo 中野区居住化計画ooo ネット証券比較っすooo ラッキーショッピングooo AV・カメラ・PCooo